toggle
2017-01-31

イメージの無いモノはカタチにできない

こんばんわ。

4歳と8歳の男の子を持ちます、

子供のスーツ作家の宇都宮栄子です。

 

 

昨年末から、わたくし引っ越しレベルで、

モノを手放し中。

大好きなhealerさんに、「2016年は手放しにいい年なのよ」と教えて頂いて以来、

自分の中身も生活もじゃんじゃん不要なモノを手放し、

2017年もやり残した事を継続中。

 

 

本気で引っ越しするなこりゃ 笑

(本当にしたいから物件探し中 ふふ)

 

 

今日は、イメージをカタチにするおはなし。

スーツ作りには関係ないようで有る。

色んな事に対して応用のきくおはなし。

 

 

私の38年の人生、

衣食住の、食から始まり、現在は衣に関わる人生で、

唯一、住に関わってきてないのです。

私の調理師時代の生活と言えば、

 

 

家=寝るだけ。

 

 

悲しいかなそんなおっさんの様な生活でした。

だって本当に自由な時間がなかった。

夜2時くらいまで働き、4時間ほど寝て、出勤とか普通な感じで、

住み込みで旅館に働いた時は、客室に住んだこともあったりで、

住 には無縁の人生だったのですよ。

 

 

でも、子育ても忙しさ全盛期を過ぎ、余裕が持てる今、

日々子供達に、「片付けなさーい!」

を連呼している自分に気づいたのです。

 

 

正直私は、お片付けは苦手で、住にも執着のない人間だったので、、、

そして、モノ作りはする、洋服は大好き、本も大好き、、、

いろんな要因からとてもモノ持ちな自分に気づいた2016年。

 

 

子供達に私はこう言ってたのですよ,

「モノを持ってなかったら片付けしなくていいんだから、

要らないモノは捨てなさ―い!」

とね。

 

 

あれ、自分の事じゃないの 笑

 

 

今更ながら気づいたのでした。

昨年、クローゼットや子供服を大好きなモノだけにするサービスを始めて、

お洋服は大好きだから、クローゼットはいい感じだったのですが、

 

 

更に意識を 住 に向けて、今年はやってこ。

と昨年末からコツコツとミッションを遂行しておる次第です。

そこでまた気づいた訳です。

 

 

「今までの人生、真剣に住まいについて考えた事がなかったから、

理想の部屋のイメージがない」

だから片付けが苦手、

というか、

できないんだわ。

とさ 笑

 

 

スーツのイメージやお洒落のイメージは、

沢山自分の中にあるから、表現できるけど、

「家!?うーんっと・・・」

な自分だったわー 汗

と、今更ながら気づけて良かったと思ってます。

 

 

お店をする時のディスプレイとかは好きなんですよ。

だから什器も色々持ってるし、古いものを集めたりして。

でも、それらを倉庫に眠らせておくのではなく、

好きで集めたモノだから、生活の中に取り入れる事にしました。

 

 

今はお店もやってないし、いつの日かの為に全部倉庫に入れていたけど、

いつかまた は今はいいやと思って^^

お気に入りの鏡台に、レザーの医療台をソファー代わりに置き、

10年間お世話になったソファーは手放しました。

 

IMG_4362

 

IMG_4363

 

昨年は、カーテンを縫う事から始まり、

クッションカバーを作り、ファブリックボードを作り、

そこ止まりだったのですが、

もっともっとイメージを駆り立ててみよう~な、

住に重きを置いた2017年になりそうです。

 

 

お洒落したい!って子に、

「どんなお洋服が着たいかイメージを持って!」って伝えていた自分が、

どんな部屋に住みたいかイメージがなかったという。

突っ込みどころ満載ですが 笑

これからが楽しみです^^

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA